SINGA宝塚クリニック|がん治療・統合医療

当院のがん治療Treatment Method

プラズマパルサー(還元電子治療)

活性酸素を作らずにATPを3倍にします。
マイナス電子は様々なストレスによって破壊されてしまいます。
たとえばマイナス電子が減ってくると、血液の粘度が高くなります。
そうすると栄養を細胞に運んだり、毒素を体内から除去することもできにくくなってしまいます。
常にマイナス電子を体内に取り込んでおくことが大切です。
還元電子治療は自然界の大気ネガティブイオンを臨床に応用した治療法です。

大気ネガティブイオン/還元電子治療の生理学的作用

①体の酸性・酸化を改善します → 細胞を元気にします
②末梢の血液循環を良好にします → 細胞を元気にします
③免疫バランスを良好にします → 免疫力を高めます
④自律神経のバランスを調整します

当院のがん治療

がん患者さんのために、多様な治療手立てを提供しています

このページのトップへ