SINGA宝塚クリニック|がん治療・統合医療

専門用語の理解Terminology

がん治療 専門用語の理解のために

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、診断や治療方法について、
主治医以外の医師の意見を聞くことをいいます。
別の医師の意見を聞くことで、納得のいく治療を選択しようとするものです。

主治医の薦める治療法でいいのだろうか?
それが最善の治療法なのだろうか?

基本的に、日本のどの病院でも、保険診療により同じ治療が受けらるという前提があります。
ですから、常識的には、その標準的な治療の妥当性を確認するのが
セカンドオピニオンの実質的な効果ともいえます。
よほどのミスやゆがみによる判断がない限り、
主治医の診断や治療法に同意されるケースがほとんどだろうと推測されます。

患者さん側にとっては、もっと良い治療法はないか。
主治医の先生は厳しいことを言っているけれども、
ホントは、助かる方法があるのではないか・・・
などとして、セカンドオピニオンを求めることが少なくないと思います。

通常の「ガイドライン」にのっとって診断や治療法の選択が行れている限り、どの病院のアドバイスも、基本的に変わることはあまりありません。

基本的には、ドクターの「立ち位置」によるのです。

ドクター林の見方

治療法は、正しく診断されて、正しく選択されると、「教科書的には」ひとつの正解にたどり着くことになります。

しかし、人それぞれ、年齢や、家族環境、社会的環境などのほか、考え方や希望も違います。ですから、現実には答えはひとつとはなりません。

だからこそ、治療法は、自分で選ぶということにつながります。
それぞれの人の生き方に、直接かかわる問題です。

生活者としての患者さんの世界にさらに一歩踏み込んで考えてみますと、医学的に正しい治療法が、必ずしも患者さんや家族を幸せにするとは限らないということがあります。

病状を正しく理解して、静かに人生を振り返ることをしてみて、そのうえで治療を考える、そんなこともあっていいのではないでしょうか。

このページのトップへ