SINGA宝塚クリニック|がん治療・統合医療

専門用語の理解Terminology

がん治療 専門用語の理解のために

インフォームドコンセント

治療の方法や意味、効果、危険性、その後の予想や治療にかかる費用などについて説明を受け、そのうえで治療の同意をすることを言います。
「説明と同意」という意味あいです。

インフォームドコンセントは、治療をすすめる上での単なる「手続き」ではありません。患者さん自身が、自分で医療を選びとっていくという意味あいがあります。

もちろん、医師と患者の間には知識の大きな差があります。それでも、正しく理解をして、自分で選びとるという姿勢がインフォームドコンセントの価値を決める肝心なところです。

病状の詳しい説明や、薬に期待される効果や予後の説明など、
ていねいに説明されても、理解するには骨がおれるかもしれません。
理解が多少不十分でもついつい同意せざるを得ないムードになってしまうのも現実としてあるかもしれません。

説明する側の問題と、説明を受ける側の課題とがあるでしょう。

ドクター林の見方

がんの診断で、厳しい説明があった時、いやだという心の叫び。なんで、こんな病気に、なんで私が、という思いは、誰にでも強くおこるでしょう。

手術、化学療法、放射線療法・・・という標準的な治療の流れ。その「標準の流れ」に乗る前に、これまでの自分の人生とこれからの人生をじっくり見渡すことが大切です。
じっくり考える時間を持つことで、「本当の同意」をすることができるのかもしれません。治療の意味を考え、生き方を考えます。

医療技術面だけから考えたのでは、自分の納得のいく方向を見つけるのはなかなか難しいかもしれません。

このページのトップへ