SINGA宝塚クリニック|がん治療・統合医療

専門用語の理解Terminology

がん治療 専門用語の理解のために

エビデンスとEBM

エビデンスは、科学的根拠のことです。

たとえば、薬の開発などでは、動物実験、一般健康人(フェーズ1)、少数例の患者さん(フェーズ2)、さらに臨床試験やダブルブラインドの試験などの手順をへておこなわれます。

こうした研究対象群でのデータを厳格に統計処理をして、その薬が有益であるとの評価をされたものを科学的な根拠があるとされます。

その科学的根拠には、質の高いものから低いものまでいくつかのレベルがあり、ランダム化比較試験が最もエビデンスレベルが高いとされています。

エビデンスは、薬以外にも治療方法、検査方法など、医療の内容全般について求められる科学的判断の根拠ということになります。

EBMは、その科学的根拠に基づく医療という意味あいになります。
(Evidence-Based Medicine)

ドクター林の見方

エビデンスを集める最初の段階では、基本的に、個体差はほとんどないという「条件」の整理をされています。

臨床試験の段階で、いよいよ個々の人間にあてはめられます。
さらに、実際に、医療の現場になりますと、ひとそれぞれ食生活や、睡眠時間や、生活環境など、違う条件が様々にあります。

研究成果は研究成果として、現実に対応させるには、その個別性をどのように「見ていくか」というのが、医療の現場で、要求されるものだと考えています。

EBMは、科学的根拠に基づく医療として、「医療者の専門性と患者さんの希望とを総合して医療上の判断を行う考え方」と定義されています。

エビデンスをそのまま、患者さんの「表面的な希望」に結びつけるだけでは、本来の希望につなげることはできないのではないかと思っています。

このページのトップへ