SINGA宝塚クリニック|がん治療・統合医療

専門用語の理解Terminology

がん治療 専門用語の理解のために

分子標的治療

抗がん剤は、細胞傷害の作用で、がん細胞を攻撃します。
そのため、同時に正常細胞まで痛めつけることになります。

それに対し、分子標的治療薬は、がん細胞の増殖や浸潤、転移に関わる分子を標的として、その分子を阻害し、がんの増殖を抑えたり進展を阻害しようとします。

がん細胞に特異的に効果を示すことが期待できるとされ、近年、その新薬の認可や使用は年々増える傾向にあります。

たとえば、ハーセプチン(転移性乳がん)、グリベック(慢性骨髄性白血病や消化管間質腫瘍)リツキサン(悪性リンパ腫)、イレッサ(肺がん)、タルセバ(肺がん、アバスチン(大腸がん)などです。

ドクター林の見方

一般に、旧来の抗がん剤に比べて、毒性は低いとされ、延命効果を得られるとされています。

それでも、徐々に効かなくなるという「薬剤耐性」の問題もあり、ずっと使い続けるのが困難になってくる場合もないとは言えません。薬にはそういう要素があります。

薬による治療もやはり「限界がある」ということを知っておくことが大切です。

このページのトップへ