SINGA宝塚クリニック|がん治療・統合医療

気になる情報Doctor's Column

元気になるために

院長 林博文からひとこと

Doctor's Column

3.がん治療(補完代替療法のこと)

補完代替医療とは、
標準的な治療が科学的データで検証されたものであるのに対して、
科学的に未検証ではあるものの、その標準的な治療を補完して行われるさまざまなの医療の総称です。

具体的には、鍼灸、指圧、気功、インド医学、免疫療法、健康食品、アロマセラピー、ビタミン療法、食事療法、酸素療法、・・・等々幅広い療法が含まれます。

一般の通常療法も、補完代替療法も、
どちらも「病気」そのものをターゲットとして、その治療に向かうものです。

SINGA宝塚クリニックでは、こうした保険適用外の治療については、
病気そのものへ向かうというよりも、
「病気をかかえているその人の身体の環境を整えるための方法論」
としてとらえています。

ですから、その療法は、体内の栄養の整備であったり、運動であったりします。
生理学に基づいた考え方をひとつの大きな柱にしています。
そのうえで、治療や対策を講じます。

SINGA宝塚クリニックにとっては、
いろいろな補完代替医療の応用は、「支援療法」 としての位置づけとなります。

このページのトップへ